横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイト(例えば応用地質とか)へお移り下さい。
 昨日発生した茨城県南部でのM5.0地震の震源。これも中央構造線地震の一つです。
(16/07/18)
 豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです。横井技術士事務所は、基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします。
 当方へのアクセスは次のいずれかを利用してください。
        TEL/FAX=072-671-7212
        e-Mail  yokoigx@bh.wakwak.com
なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。
 緑窓会関係はここをクリックして下さいのほどスイス
NEWS TOPICS
AIの限界
ニューヨークの小地震
豊浜トンネル事故の真実・・・・真犯人は誰だ
軽井沢バス転落事故
中国原発計画と活断層
NATMのようでNATMでない 君津トンネルの怪
’15 関東・東北大水害
福知山線廃線ツアー
台風11号による芥川の増水
15年ネパール地震
一覧
第2パナマ運河の開通
10へのアップグレード
”真田丸”の裏
熊本風俗のド根性
新宿ゴールデン街の放火
マリンの進学先
黄熱病再流行
通り魔とネットビジネス
中崎町の火事
福島の衝撃波
火山と温泉・地下水 口   絵 地質、化石 
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所

 南沙諸島をパトロールする中国空軍のH6K爆撃機。少しミリタリーに詳しい人なら直ぐわかると思いますが、これは旧ソ連のバックファイヤー爆撃機のパクリコピーです。
(16/07/20)
口絵一覧
沖縄の旧石器時代人
恐竜絶滅異説
日本産テイラノザウルス
パキスタンの地震島
高槻の混在岩
基礎と地盤、地盤災害・建設災害 宇宙からの地球探査 地震、断層 技術提案
土中水分率の勘違い
基礎の支持力と沈下
阪高大和川線の怪
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・トルコソマの露天掘り
 ・スーダンのジオグラフィ
 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
・平成28年熊本地震
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは       
急斜面上直立壁の築造法
ノーベル賞にマイスター賞を
堤防改良計画案
技術士と年収
トンネル脱獄探知法
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
 消費税増税2年半先送りは、そのとき5%から7%の増税になることを、誰もわからないのか?!日本は消費税を上げたうえで、中国・ロシアに構造改革を求めるべきである。

 安全神話を振りまいた原子力村、同じく地震予知幻想を振りまいた地震学者村、そしてSTAP細胞を葬り去ったDNA村。

 ペテンの塊、京都議定書をゴミ箱に捨てよう!IPCCを解体しもっと科学的な議論をしよう!人類の敵、エコファッショ、環境・反原発ナチズム、太陽光統制経済、国際犯罪炭素取引マフィアを粉砕しよう!マスコミによる反原発言論統制に反対しよう!セシウムより危険な環境過激派(中核、カクマル)、ついでに嘘つき共産党も除染しよう。
 
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く 政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
牛鍵トンネル  
淡路島と銅鐸の謎
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?30
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
舛添の場合
清原、高木そしてドーピング
理研小保方STAP細胞
地方創生の真実
無責任メデイアを斬る
沖縄辺野古基地の真実
東京オリンピックの真実
靖国-問題色々
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
侵略と慰安婦
憲法改正是か非か
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党
橋したと維新(2)
小さい政府よりまともな政府
 
・伝統のまやかし
⇰どうでも良い話し
        一覧
セウオル号沈没事件
市場経済と新しい戦争

第一次世界大戦と日本
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
         一覧
地すべり・崩壊   技術支援 本日のTOPICS    環境・エネルギー・原子力問題 
丸森町の砕石場崩壊
アフガニスタンの地すべり
コロンビア鉱山の崩壊
14年ワシントン州地すべり
芦屋岩4/01)園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層6/05/31)崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の1)1斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画 
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(温泉調査、空洞調査など)

(’16年熊本震災報道のウソ)
 昨日熊本市で「清正祭」なる祭りが行われた。さていかなるものか?熊本の街の状態はどうなっているか?が興味があったので、テレビのニュースを見ていた。 
 熊本城は熊本市のほぼ中央にあるから、中心部の被害状況がよく分るはずである。しかし、市街地中心部はなんともなっていない。地震直後、震度7という大揺ればかりが強調された。その証拠として全壊家屋の映像がテレビにでてきたが、それは殆どが隣の益城町で、しかも築50年以上の老朽家屋ばかり。
 ところがたまに新聞やテレビで、熊本市内の新しい住宅地の写真が出ることがある。それを見るとみんな、なんともなっていないのである。これらは概ね55年建築基準法改正以後の作品で、熊本市や周辺だけで数1000棟はある。ところが中に倒壊したのが19棟あった。これに対し筑波大准教授のある地震屋・・・名前は忘れた・・がテレビで「耐震設計てなんだったのか!」と耐震設計そのものを全否定する発言。ところがこの建物、その後の調査で、内13棟が手抜き工事か設計ミスだったことが分かった。つまり新しい耐震設計基準でまともな設計と施工をすれば、十分効果があったのである。
 熊本地震報道で筆者が問題に感じることが二つある。
    1、震度7の一人歩き
    2 ,余震の騒ぎ立て
   
1、震度7の一人歩き
 震度7は阪神淡路大震災で初めて世間に取り上げられた。これをきっかけに震度の設定が、従来の体感震度から計測震度に代わり、日本中に計測震度計がばらまかれることになった。
 体感震度は地震が起こると、気象庁吏員が周辺の被害状況も勘案しながら決定する。主観的・経験的という短所はあるが、広域的な視点で捉えており、その点では逆に客観的であるともいえる。
 計測震度は速度型震度計で捉えた波形を、一定の方法で定式化し、揺れの大きさを定量化するものである。一見科学的・客観的に見えるが、とんだ落とし穴がある。
(続く)

エネルギー・原子力問題のウソホント
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
東北太平洋沖地震(2)
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原発部落

再生エネルギーの不都合な真実
電田構想
 16年東京都知事選 実態はみな実務家志向だった  東京都知事選のキーワードに、「実務家」というものがある。これは自民東京都連や都連の支配下にある区長会などの要望である。彼らの言い分は、これまで三代文化人系知事が続き都政が混乱した、このあたりで実務家知事が欲しいというわけだ。これまで三代文化人知事を支持・推薦してきたのは、自民東京都連自身。               ・・・・・・・(16/07/23)
 民進党vs自民党  谷垣負傷で自民執行部はバラバラ   参院選で自公連合は圧勝したが、それほど安心してよいわけではない。沖縄・福島で現職大臣が落選したのもそうだが、まだ自公改憲派と野党統一派との得票数は明らかになっていない。さらに昨日鹿児島知事選で野党統一で脱原発の三反薗が当選した。保守王国鹿児島で、自公候補が敗れるとは以ての外。                             ・・・・・・・・(16/07/21)
 東京オリンピックの真実  イシンバエワの場合  ドーピング技術の中に舌下服用というのがあるらしい。舌の下に薬物を置いて服用する。これは数10分ぐらい経つと消え去るらしい。呼吸服用だから尿検査ではばれない。
 そういえば、イシンバエワは
                 ・・・・・・・・(16/07/21)
   イラクの失敗 密告の末路・・・・ダントン&ロベスピエール  トルコで軍人・公務員らの解雇逮捕者は5万人以上に上っている。当初は7000人程度だったのが、たった二日ぐらいでこんなにも膨れ上がった。最後は10万人規模に膨れ上がるかもしれない。どうしてこんなに増えたのか?その理由は「密告」です。自分は助かりたい、あるいは新しい体制下で上手い仕事にありつきたい、というエゴ動機で、なのだ。            ・・・・・・・・(16/07/20)
 中国の現状と未来  又も始まる三国志   南シナ海問題での国際裁判で、中国が全面敗訴。なんとなく満州事変当時の日本のような状態だ。なお満州事変は関東軍の一部が起こした事件で、政府は無関係。しかし今回の南シナ海問題は政府も深く関与しているから、深刻さは満州事変の比ではない。         ・・・・・・・・(16/07/15)
 小さい政府よりまともな政府  スズキの鈴木、シンタローのようなシーラカンスが問題  突然の天皇生前退位意向。果たしてその真意やいかに?察するに、出来れば早く皇太子に地位を譲りたい。それが皇太子のためだ、という思い。日本の天皇というのは、人民が思っている以上に、世の中のことを理解し、その行く末を案じているのだ。             ・・・・・・・・(16/07/14)
 地方創生の真実  政策必要性なき知事選東京都   さて、東京都知事選候補者がほぼ出そろいました。シンタロー、猪瀬、舛添の失敗から、知名度より政策を、という声が多い。しかしこれは東京に限っては、あまり大きな要因にはなりえない。
                   ・・・・・・・・・・(16/07/13)
 アベとアベノミクス   ファウスト博士は何を語られたか?  昨日元FRB議長のバーナンキが来日し、何やらアベと密談。ヘリマネ導入の根回しではあるまいか、ともっぱらの噂。バーナンキこそゲーテファウストのファウスト博士。メフィイストにそそのかされ、何を宣伝に参ったのか?                 ・・・・・・・・(16/07/13)
 アメリカの栄光と挫折  ギガントの復活  一昨日のテキサス州ダラスでの銃撃事件。警察は犯人のひとりをロボットで爆殺したとの報道。そのロボットとは、筆者は当初映画ロボコップに出てきた人型ロボットではないかと思っていたが、そうではなく戦車型ロボット。見かけは第二次大戦中にドイツ軍が作った、ギガントというラジコン戦車とそっくりだ。                ・・・・・・・・・(16/07/11)
 憲法改正是か非か  岸も佐藤も中曽根も、やっぱアメリカが怖かった   今回参院選の争点の一つが改憲。アベは永年の自民党の悲願といっている。また自民党綱領の第一に、自主憲法の制定としてある。しかし、過去アベ以外の自民党総裁でこれを実行しようとした人物はいない。岸・佐藤や中曽根も普段は自主憲法と言っているが、首相になったとたん、みんな黙ってしまった。                      ・・・・・・・・(16/07/09)
 無責任メデイアを斬る  清原はまだ犯罪者又は警察のおとり  最近のメデイアで気になるのは、清原和博に対し、清原氏と敬称付きで紹介していることである。これは、一見彼は無罪か、既に刑期を終えたように見える。彼は公判で事実を認め、現在保護観察処分中であるが、れっきとした有期刑者であることには変わりはない。従って呼ぶ場合は、清原受刑者か、せめて清原被観察者とよぶべきである。            ・・・・・・(16/07/05)
 ギリシアの混迷ー明日は我が身  イギリス国民投票と都知事選   保守党のジョンソンに続いて、独立党のファルージャまで党首選を辞退。これでイギリスEU離脱を主導してきた二人のイカサマ師がいなくなった。それも戦わずしての敵前逃亡だ。司令官が戦う前から逃げ出すなど、大英帝国の歴史でも前代未聞。こんなことで大英帝国の栄光復活などをほざくとは片腹痛い。                   ・・・・・・・・・・(16/07/05)
 どうでも良い話し  泥仕合の幕開けか?   こういうテーマは我がHPとは趣旨が違うが、本日たまたまネットを見ていると、「高島礼子尿検査で異常なし」という報道。確か昨日迄は、松本人志が「高島麻薬疑惑」というサイトがあった。馬鹿々々しくて中身は見なかったが、本日見てみると、松本サイトはきれいになくなっていた。           ・・・・・・・・(16/07/04)
 国内の地震の話題 
 
 ちと遅い   今年4/1に紀伊半島沖で起こったM6.1の地震。筆者は翌日これを「南海トラフ地震の前触れで、再発時間は狭まってきた。避難経路の整備を急ぐべき」と指摘しました。最近やっと一部の地震学者が同様の見解を述べるようになりました(サンケイ))。           ・・・・・・・(16/06/23)
 東北太平洋沖地震(2)  私もやった、みんなやった   「第三者の厳しい目」という言葉が、要するになれ合いの言い訳サル芝居であることが、広く世間に認識されるようになったのは、舛添第三者報告書のおかげである。これと同じことが東電福島原発事故で繰り返された。
 それは炉心溶融に関する東電委託の第三者委員会報告書         ・・・・・・・・・(16/06/18)
 原油価格の真実  早くも始まった石油駆け引き  イランが日本に対しLNG輸出を停止すると通告。理由は言わない。対イラン経済制裁解除の結果、LNGを売ってくれという国がいくらでもあるとブラフを掛ける。これ金持ちとみると値段を吹っ掛ける、典型的ペルシアバザール商法。これ自体はどってことはないが、           ・・・・・・・(16/06/11)
 平成28年熊本地震  400年前の繰り返し   この間テレビのニュースを見ていると、福島県白河城城壁の復旧工事映像。見ていると崩壊した跡に土を盛って表面に石垣を積みなおすだけ。これじゃ又いずれこの石垣は潰れる。何故かというと、このやりかたでは石垣の外形は保存されるが、背面盛土の弱点も、そのまま保存されるのである。            ・・・・・・・・・(16/06/11)
 沖縄辺野古基地の真実  野中担ぎ出しの本音   昨日、自民党総務会長の二階が、既に政界を引退した野中広務に復党を要請した、という報道があった。今更90歳の老人を呼び戻して、どうするつもりなのでしょうか?しかし野中の名前はあちこちでドンとして残っている。こういう重要案件を二階単独で考え出したとも思えない。おそらく官邸の奥深く、アベからの密命ではあるまいか?                   ・・・・・・・・(16/06/10)
 右風と左ネジ  驕る平家は久しからず  昨日は自民保守、特に右翼の巣窟「日本会議」にとってショックな出来事が二つありました。一つは沖縄県議選で翁長与党が勝利したこと。もう一つは川崎でのヘイトスピーチデモが反対派の圧力で解散に追い込まれたことです。
 沖縄知事選については年初来、                  ・・・・・・・・(16/06/06)
     環境エネルギー・原子力問題のウソホント  何故熊が現れるか?   最近報道を見て気が付くのが、熊被害。これは北海道だけでなく秋田や山形など本州各県でもよく見られる。今年が特に多いのか、例年こうなのかよくわからないが、短い期間中にこれだけ集中するのは珍しい。一般に本州の月の輪熊は人を襲わないといわれるが、そんなことはない。        ・・・・・・・・ (16/05/30)
 尖閣諸島と日中関係  台湾海峡波高し   台湾新政権でなんだか風が変わってきたようだ。例えば日本領の「南鳥島」を前政権のように「岩」と呼ぶのはやめ、巡視船も引き上げた。また、かつて反政府運動を行って逮捕された学生たちへの起訴も取りやめた。明らかに従来の親中政策とは異なり、親日反中に舵を切ったように見える。         ・・・・・・・・(16/05/25)
 理研小保方STAP細胞  置いてけぼり   ハイデルベルグ大学の実験に続いて、今度はアメリカハーバード大の付属病院が、日・米・欧にSTAP細胞作成法の特許出願準備という報道。さてこういうことになったら、日本の特許庁はどういう対応をとるのでしょうか?無論出願しても門前払いにすることはできます。しかし米・欧が認めれば、米・欧メーカーはSTAP細胞を作成する                   ・・・・・・・・(16/05/21)
  市場主義経済と反知性主義  泡沫が権力を握るとき  フィリピン大統領選で当初泡沫呼ばわりされたドウテルテ候補が圧勝。その理由は40年前のアキノ民主革命に対する不満の解消だ。あの革命はフィリピン民主化目的でもなんでもなく、フィリピン経済から日本を追い出すために、CIAとホワイトハウスが仕組んだ陰謀。           ・・・・・・・・(16/05/10)
侵略と慰安婦   昭和の戦争と憲法  最近街の書店を見ていると、目に付くのが、零戦もの、戦艦大和もの、そして「永遠の0」の様な駄作映画に触発されたのか、特攻ものである。これらの作者が常に云うのは「これは戦争否定、反戦思想の作品です」。果たしてどうか?反戦セリフは巻末にちょっと出るだけで、後は英雄礼賛路線。つまりこれらの作品の底に通じるのは、太平洋戦争肯定論なのである。筆者が云いたいのは、彼等が本当に、かつての戦争を学んでいるのか、である。
戦場娼婦について  メリケルが日本に来て、日本は歴史と向き合うべきだと説教がましいことを云ったが、ドイツは歴史と真剣に向き合ったでしょうか?前にも言ったが、この程ギリシアが5年間の軍事占領に対し、ドイツに戦時賠償を求めたが、ドイツはたった97億円で解決済みと言い張る。
 ドイツはロシアやウクライナ・ポーランドなど旧ソ連圏国には、賠償金を鐚一文払っていない。ドイツ占領下でドイツ軍徴用による慰安婦は一杯いた。              ・・・・・・・・・(15/03/11)
 
橋したと維新 副首都という中途半端  昨日は応用地質学会関西支部の役員会。あまり問題もなく終了。終わってからは呑み会で、集まるのは何時ものメンバー。その中に現職の大阪市大教授・・・と云ってもワタクシの10年後輩だから、学会ではワタクシの方が威張っている・・・がいて、それに今話題の大阪市大、府立大統合の問題を聞くと、学内はむしろ当然のことと受け止めている。         ・・・・・・・・(16/04/26)