豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです

 横井技術士事務所は、
基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします
 当社へは次のアクセスを御利用ください
 TEL/FAX;072-671-7212
 Mail;yokoigx@bh.wakwak,com

 なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。
 
緑窓会関係はここをクリックして下さい
磁気活水器レポラブリについてはここをクリックして下さい。
横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイトへお移り下さい。
 今年ケニアで突然現れた地割れ。やれプレートの拡大だ、とかいろいろ言われていますが、原因は不明。なんとなく地すべりのテンションクラックにも似ている。 NEWS TOPICS
2018年大分耶馬溪崩壊
2018年高槻城址公園
アルゼンチン潜水艦遭難とバミューダトライアングル
死海の今

トンネルと陥没 
リニア新幹線の真実
17中央道瑞浪の土砂崩壊
沖ノ島の謎
・17東名高速事故
淡路島と明石城

続発する建設災害
AIと個人情報
「炎と怒」りとトランプ支持率
「特例」とは
天宮1号の墜落
ミュー粒子商法
東京の雪と大事件
神社本庁と山口組
チバニアンなんかどうでもいい
南極の陥没
東京の不発弾
地球滅亡の日が延期
火山と温泉・地下水 口   絵 東北太平洋沖地震と福島原発事故
有馬温泉の謎
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所有権
 出来上がった高槻市内の新名神アクセス道路。
口絵一覧
福島原発凍土壁工法批判
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原発部落
 
基礎と地盤、地盤災害・建設災害 宇宙からの地球探査 地震、断層  技術提案
南海本線基礎の沈下
阪高大和川線の怪
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・トルコソマの露天掘り
 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
パキスタンの地震島
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは       
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
人間の屑・・・北野タケシとホリエモン、村上世彰、橋下徹、前原と百合子にケント・ギルバート。それとフジ・サンケイ系タレントと評論家。最大の屑はやっぱりアベ晋三と飯島勲。
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く 政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)
福岡博多陥没事故の真実
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
トンネルと陥没 
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
タレントクラシーの時代
森友学園問題の怪
小池百合子の場合
豊洲市場の真実
東京オリンピックの真実
地方創生の真実
無責任メデイアを斬る
沖縄辺野古基地の真実
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
憲法改正是か非か
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党
小さい政府よりまともな政府
 
・伝統のまやかし
        一覧
国際思想いろいろ
セウオル号沈没事件
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
        
地すべり・崩壊   技術支援 本日のTOPICS 環境・エネルギー・原子力問題
アフガニスタンの地すべり
コロンビア鉱山の崩壊
14年ワシントン州地すべり
芦 屋岩園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(陥没調査、温泉調査など

 先日、フロリダでのアベとトランプとの二国間協議合意はアベノミクスの終わりの始まり、といいましたが、これについて若干説明を付け加えておきます。
 まずアベノミクスとトランプノミクス(そんなものがあるかどうかわかりませんが)とは、根本的に矛盾しているという点が根拠です。アベノミクスは竹中流新自由主義経済をベースとし、徹底した規制緩和、異次元の金融緩和、円安誘導による景気回復を三本の矢としてトリクルダウンを狙うというものです。自由主義経済はTPPと親和性が良い。企業経営者でもある麻生が、これを支持するのは当然。雇用の改善はその結果である。
 一方トランプは、アベノミクスの結果である雇用の改善を目的とし、その手段として減税、移民規制、貿易規制を使う保護主義的政策です。これを自由主義経済を基調としるEUやTPP派各国から批判されるのは当然です。
 無論、アベは未だ日米貿易関係の新しい枠組み作りに合意しただけと説明しており、二国間協定に踏み込んではいない。しかし日米両国の力の差や、特に北朝鮮問題についてトランプを頼りにしなければならない状況では、この枠組みがアメリカペースで動くのは当然である。
 結果は間違いなく二国間協定を呑まされることになる。果たしてアメリカと二国間協定を結んだままTPPにとどまることが出来るのか?仮にアメリカに追随してTPPを離脱すれば、TPPという将来性のある巨大市場を失うことになる。日米がいなくなれば、その隙を中国が埋めてくるのは当然である。アベはそこまで考えて、トランプとの合意にいたったのか、が今後とわれることになる。
 トランプは、訓練を受けたまともな政治家ではない。「炎と怒り」によれば、かれはセールスマン(営業)であり、それ以上でもそれ以下でもない、ということだ。営業というものは、自社商品の売り込みに命を懸ける。そのためには、相手の気持ちをくすぐるおべっかを使ったり、逆に他社商品をけなしたり、足を引っ張るのは当たり前。ところがアベは良家のオボッチャン。トランプにしてみれば、赤ん坊のゆなもの。適当におだてりゃなんでも言うことをきく便利屋に過ぎない。なおトランプは北朝鮮問題解決に最大限の努力を払う、と云った。これをアベは鬼の首」を取ったように大喜びだが、「最大限の努力を払う」というのは、その仕事で結果が出なくても責任は採らない、という営業用語。又、官僚の世界では「何もしない」と同義語でもある。
(18/04/20)
 
エネルギー・原子力問題のウソホン
日本は核武装出来るか?
 アベとアベノミクス トランプとの合意が終わりの始まり  アベがフロリダでトランプとのんびり?ゴルフをやっている間に、日本国内では次々と異常事態。本人は早く帰りたいのだろうが、トランプが三回目のゴルフをやろうと引き留めているので、帰るに帰れない。トランプもアベと一緒にいる時が、一番安心できるのかもしれない。            ・・・・・・・・(18/04/19)
 小さい政府よりまともな政府  たかが木っ端役人  「呪われた57年入省組」という言葉があるらしい。何のことかというと、昭和57年(1982年」)財務省入省のキャリア官僚のことを言う。このクラス、様々な場面でスキャンダルをおこしたり、中には自殺者まで出しているという。どういうのがいるかというと、森友学園問題で有名になった佐川、           ・・・・・・・・・(18/04/17) 
 森友学園問題の怪  前愛媛県知事(元文部事務j次官)の日本語力?   筆者が「近頃の年寄は字を知らない」と云ったのは、コイズミ政権時代の道路公団民営化国会審議で、国交省の冬柴(公明)が、脊梁(せきりょうと読みます)山脈を「はいりょうさんみゃく」と答弁したのと、その後自衛隊イラク派遣問題で、田原総一郎が迫撃砲(はくげきほう)を「ついげきほう」と発音したのが始まり。                 ・・・・・・・・(18/04/15)
 イラクの失敗  シリアの失敗になるか?   シリア情勢を巡って、トランプがプーチンにミサイルをお見舞いするぞ、と脅せば、ロシア国連大使が「ロシアは戦争をおそれない」とやり返す。これに英仏も加わって、もはや世界は北朝鮮どころではなくなった。おそらくトランプの頭もそうだろう。             ・・・・・・・・・(18/04/13)
 原油価格の真実  ボルトンの入知恵か?  今朝、ネットで原油価格を見てみると、いきなり1ドル超高のバーレル66/82ドル(NYWTI)。何事か、と思えば原因はトランプのシリア空爆ツウイッター。このところ、ダウも原油価格も元気がないのと、中間選挙対策で思い切って戦争でもするか、といったところだろう。          ・・・・・・(18/04/12)
 国内の地震の話題  「未知の(活)断層」というものはない   昨夜だったか今朝だったか、家がいきなりガクンと音をたてたので、何事かと思ったがそれっきり。その時は気のせいかと思ったが、これが今朝の島根地震。ネットで震源と活断層の有無を検索。震源のそばに活断層はない・・・産総研データベース。           ・・・・・・・・(18/04/09)
 アメリカの栄光と没落?  金環食・・・・・・見た目はキンキラキン、中身は真っ黒   ニューヨークのトランプタワーで火災発生。死者一名、消防隊員6名負傷ということだから、只のボヤではない。死者が居住者であれば、トランプはこれから生命保険訴訟にさらされるでしょう。
 トランプタワーでは、今年一月にも火災があったというから、電気系統の欠陥の可能性が考えられる。            ・・・・・・・・(18/04/08)
 地方創生の真実  これじゃ負け試合   25年国際万博会場誘致には、大阪だけでなくロシアのエカテリンブルグ、アゼルベイジャンのバクーが立候補しています。先日国際万博協会のBIE調査団が、エカテリンブルグを訪問した。するとそこへプーチンが現れ、ロシア政府が2000億ドル拠出するとか、ロシアは未だ一度も万博をやっていないとか、泣き落とし兼熱烈売り込み。            ・・・・・・・・(18/04/07)
 伝統のまやかし  大相撲の伝統は明治以後で、古来でもなんでもない   大相撲春巡業での、不適切アナウンスと塩まき騒動。国内的にも海外でも悪評噴分。この中で塩まきについては、これは女性蔑視の現れだ、という説と、土俵上で怪我人が出た場合、塩で浄めるというのは日常的にやっていることだ、という説の二通りがある。              ・・・・・・(18/04/07)
 ギリシアの混迷ー明日は我が身 一番困るのがNRAだったりして   さて国内ではオフィス北野問題と大相撲土俵女人禁制問題でもっぱら。それに森友ゴミ問題の口裏合わせが割り込んできた。これらの問題は、、今では直ぐに海外メデイアで世界中に伝わることに関係者はもっと注意すべきである。               ・・・・・・・・・(18/04/06)
 北朝鮮・韓国・北方領土問題  内閣総辞職に値する大チョンボ  一昨日の北朝鮮核実験再開に関する河野外相発言に対し、アメリカジョンズホプキンス大チームが「確実に活動は沈静化している。活動再開の根拠を示せ」と批判。これに対し河野は「・・・・トンネルから土砂を搬出しているように見える」と反論。さて、河野はどのような根拠に基づいて核実験再開を主張するのか?             ・・・・・・・・(18/04/03)
  大相撲の真実ー貴乃花騒動  芸人と女性週刊誌のまつり事   年寄総会後の貴乃花記者会見で、ある記者が「親方の改革案は・・・?」という質問をしたところ、貴乃花は「自分はそのようなことは言っていない。マスコミが勝手に言っているだけだ」と否定。            ・・・・・・(18/04/01)
 陥没色々  穴を埋めればそれでよいというものではない   羽田空港滑走路脇に穴が開いたので、一部の便が欠航。要するに陥没が発生したということだ。空港当局は穴を埋めただけで、「安全確認」と云って運航再開。穴を埋めたということと、滑走路の安定性は全く別次元。まず陥没の地下における規模を調べ、原因を明らかにした上で、
 民主党vs自民党  こんなことで改憲が出来るのか?   明日3.25は自民党大会。ひょっとすると、ここでアベは引導を渡されるのではないか、という説がある。引導を渡すのは二階俊博。次期総裁は石破という読みだ。誰が読んでいるかというと、田原総一郎。だからあまり信用は出来ませんが。              ・・・・・・・・(18/03/24)
 中国の現状と未来  第二の文化大革命の始まりか?   中国全人代がやっと終了しました。終了記者会見で人民日報女性記者がヨイショ質問して、周りからひんしゅくを買うとか、人口雪を降らせて、習にヨイショするなど、全体が習ヨイショ大会でした。なお、昨日から行われている我が国国会森友集中審議でも、自民議員はアベヨイショ質問の連続だから、          ・・・・・・・・・(18/03/19)
 リニア新幹線の真実  問題の本質は本能寺(JR東海)にあり   逮捕された大成元常務の後任が談合を認識していたという報道(本日毎日新聞)。但しこれは検察からのリークだから、どこまで本当かは分からない。ネットの書き込みなどを見ると、このような巨大プロジェクトは高度な技術力を持つ四大ゼネコンでなければ出来ないとか、民間工事なんだから          ・・・・・・・・・(18/03/05)
 福島原発凍土壁工法批判  全てはアベの一言から   345億円もの巨額国費を投じて完成した東電福島第一原発の凍土壁による減水効果が,、たったの95t/day。上流サブドレーンを含む全体減水量380t/dayの1/4にしかならない。それでも東電は効果があったと、言い訳にもならない自画自賛。間抜けというか、嘘つきというか全く手におえない愚か者。          ・・・・・・・・・(18/03/02)
川重事件と日本の技術  神戸市文化の伝染   新幹線「のぞみ」の台車の亀裂が、台車製造時の外枠の整形に失敗して、外面を削って辻褄合わせをしたことが分かった。いかにも神戸的発想だ。何年か前、神戸の長田の住民から、ちょっと我が家を見てくれと頼まれ、見に行ったことがある。               ・・・・・・・(18/03/01)
 有馬温泉の謎 真の犯人は観光ブームだったりして (有馬温泉事故の続き)
 事故が起こった温泉資料館とは何処にあるのかと、地図サイトで調べてみると、温泉街の南西にある愛宕山の北東山麓「太閤の湯」のことだった。この近くに昔の温泉会館がある。かつて筆者が調べたところ、温泉会館を中心とする辺りが、有馬温泉で最も地温もガス圧も高い地域である。          ・・・・・・(18/02/23)
 右風と左ネジ  典型的マッチポンプ  二三日前までネットで大炎上していた「スリーパーセル」関連記事が昨日からすっかり姿を消しています。過去ログにも見当たらない。何処かから圧力でもかかったのか?事の次第は次の通りである。三浦瑠麗という、自称国際政治学者で東大客員研究員という(これも自称だから本当かどうかは分からない。            ・・・・・・・・・(18/02/21)
 憲法改正是か非か  都道府の県最低人口を100万人にせよ  自民党が改憲案に、現在の参院合区制を止め各都道府県ごとに一人以上を憲法に明記することを決定。この案は以前からあったのだが冗談だと思っていた。ところが冗談ではなかったのである。原因は地方の過疎化でこれまでの票田が変化し、             ・・・・・・・・・・(18/02/16)
 東京オリンピックの真実  地球温暖化でオリンピックがなくなる?   今回の平昌オリンピック。寒さと強風でスケヂュールが遅れたり、選手もいつもの力が発揮できずと大荒れ模様。これは今年の冬は北極寒気団が北大西洋の温暖化に押され大陸側にシフトしたためと云われる。つまり寒気の極がユーラシア側に移動したのだ。             ・・・・・・・・・・(18/02/15)
 沖ノ島の謎  崇神=神武という仮説  フレーザー(「金枝篇」)によれば、古代地中海世界では村からある人間を選び、一年間好き放題なことをさせた後、春の種まきの前に彼を殺し解体し、血や肉を大地に捧げてその年の豊作を祈ったという。選ばれるのは、ある家系であったり、精神的身体的不具者であったり、旅人であったりする。           ・・・・・・・・・(18/02/11)
 私の日本防衛論  ヘリ部隊は演習場へ   佐賀県で自衛隊のヘリが墜落して大騒ぎ。つくづくアベ晋三というのはついてるなあと思う。もしこの事故が三日か四日の朝に起こっていたら、沖縄名護市長選の行方はどうなったか分からない。但し改憲論議には影響があるかもしれない。、          ・・・・・・・・・(18/02/06)
 国際思想いろいろ  日本では?   女優のカトリーヌ・ドヌーヴ他のフランス芸術家が、アメリカでのセクハラ反対運動(MeeToo)を「男性にも女性を口説く権利がある、あれは清教徒主義だ」と批判。ということはドヌーヴらは女性にも男性を誘惑する権利があると、主張しているのである。至極まっとうで、非難するいわれはない。           ・・・・・・・・(18/01/15)
 エネルギー・原子力問題のウソホント  やっぱり本命は水素   コイズミ純一郎がいきなり原発即時停止を求める議員連盟を立ち上げ、その法案を作ろうといいだした。なんでまた、という気がするが本人は至って本気なのだ。彼は元自民党総裁で、政策的には原発推進か少なくとも容認派だったはずだ。ところが一転してころりとテーゼを変えた。         ・・・・・・・・(18/01/13)
トンネルと陥没  何を今更   前に述べましたが北陸新幹線柿原トンネルの陥没事故。事故調査委員会の結論がでました(毎日新聞)。要旨は
①浅い沢があった。
②谷に盛土が行われていた
          ・・・・・・・・・(17/12/06)。
侵略と慰安婦   牟田口廉也と貴乃花  昨日何気なくNHKBSを見たら”インパール”というのをやっていた。こんな年末に、なんでまた”インルと思ったが、そのまま見てしまった。昭和19年に実施されたインパール作戦については、すでに数多くの作品・資料があるので詳しくは省略。要するに昭和18年ビルマ防衛の任にあった第15軍司令官に着任した宇田口廉也中将が発案したインパール攻略計画が始まりである。          ・・・・・・(17/12/2)
戦場娼婦について  メリケルが日本に来て、日本は歴史と向き合うべきだと説教がましいことを云ったが、ドイツは歴史と真剣に向き合ったでしょうか?前にも言ったが、この程ギリシアが5年間の軍事占領に対し、ドイツに戦時賠償を求めたが、ドイツはたった97億円で解決済みと言い張る。
 ドイツはロシアやウクライナ・ポーランドなど旧ソ連圏国には、賠償金を鐚一文払っていない。ドイツ占領下でドイツ軍徴用による慰安婦は一杯いた。         ・・・・・・・・・(15/03/11)
 
橋したと維新 アベの心変わりにショック松井 アベが大阪で大阪都構想に反対する考えを表明(自民党大阪府連総会)。ついでに維新が進めている住民投票にも否定的で「あんなものはしょっちゅうするもんじゃない」と云ったらしい。それなら、解散総選挙も「しょっちゅうするもんじゃない」はずで、云うこととやることが全く正反対。         ・・・・・・・・・(18/04/15)